ストレッチのポイントは「力を抜くこと!」力抜けていますか?

ストレッチ
toyaさんによる写真ACからの写真

筋トレが得意な人も苦手な人も初心者の人も手軽に出来るストレッチ。実はとても大切なものです。 ストレッチで高まる能力が「柔軟性」です。身体の柔らかさ。ですね。ストレッチが苦手な人は皆「痛いからやらない」といいます。痛いからやらない➡もっと筋肉が硬くなる➡いろいろな場所が痛くなる➡悪循環に陥ります。 ストレッチの注意点について説明します

スポンサーリンク

身体をあたためてからおこなう。

ジムなどに通う方の中には入ってきてすぐにストレッチから始める。という方も少なくありません。ウォーキングやエアロバイクなどで10分ほど身体をあたためて血液循環を良くし、体温を上げた状態が良いです。

普段運動をしない方は自宅でのストレッチではお風呂あがりに行うのが効果的です。

スポンサーリンク

伸ばしている部分を意識する

例えば、ふくらはぎを伸ばしているのに、頭の中で違う事を考えていても効果はありません。今、自分が伸ばしている所をしっかり頭の中で意識しましょう。

「今はふくらはぎ」「ふくらはぎ」と伸ばしている部分を意識してください。

単純ではありますが、「意識」とはとても大切なのです。

スポンサーリンク

長めにやる

ストレッチといっても、伸ばしている形をとり、ささっと済ませれば良いというものではありません。時間でいえば、一つの部位を20~30秒ゆっくりと伸ばしましょう。20秒ほど経つと、リラックスしてきます。力も抜けてきて、もう少し伸ばせるような気持ちになるものです。こういう時に「少し痛いけれど、気持ちがいいな」という感覚や「リラックスして眠くなりそう」という感覚がストレッチには大事な感覚です。

スポンサーリンク

呼吸を止めない

ストレッチの間はしっかりと呼吸をしましょう。頑張りすぎて息を止めないでくださいね。ストレッチは無酸素運動ではありません。ゆったりとした呼吸で血液循環を良くする目的があります。呼吸によって、綺麗な酸素を血液におくりましょうね。

ケガの防止に最適

スポーツでも、筋トレでも、ストレッチにはケガの防止効果があります。筋トレは筋繊維を破壊し、タンパク質を取ることで、筋繊維を太くするものですが、筋トレした後というのは筋肉がカチコチになります。硬いまま過ごしてしまうと、筋トレのパフォーマンスも落ちてきます。

筋肉が硬い状態で筋トレをしても、動きがぎこちなくなるだけです。本当に筋トレをしっかりやっている人ほど、ストレッチも念入りに行っているのを見かけます。筋肉に柔軟性があってこそ、関節の動きがしっかりとれ、筋トレの動きがきちんとできるのです。

まとめに

ストレッチは気持ちが良い状態でリラックスするのが大切です。ついつい人と比べて「もっと柔らかくしなくちゃ!」などという気持ちは持たなくて良いです。常に、今の自分はどう?気持ちがいいと思っている?との問いかけです。

ストレッチは簡単に済ませるものではなく、筋トレやほかのスポーツ同様に一つの種目と考えてしっかりと行いましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました