美しさは「休息」から!心地よい睡眠していますか?

休養
acworksさんによる写真ACからの写真

トレーニングのパフォーマンスを上げるにせよ、疲れを取るにせよ、休息を取る事はとても大事な事です。その中でも心地よい睡眠は必要です。

スポンサーリンク

脳も身体も動きっぱなしは疲れのもと。

トレーニング頻度でいうと、適切な運動頻度は1日おきです。

毎日行うにしても、上半身と下半身に分ける・筋トレの翌日は有酸素運動などにする。など、トレーニングをした翌日は使った筋肉を休める時間とします。

休息を取る事で、筋肉が回復します。

身体を休める事と同時に脳も休ませたい部分です。

身体が休まっても、脳が休まっていないと休んだ気持ちがしないものです。

どちらも動きっぱなしは無理がかかるという事です。

スポンサーリンク

睡眠は眠り始めの時間を大切にする!

眠りにつく始めのノンレム睡眠(深い眠り)は人によって違いはあるようですが、たいてい90分ほど続くと言われています。

その間に起きてしまうと、身体に負担がかかるので、眠り始めの時間はとても大切にしたい時間です。

眠れない・・・。と困っている人は体温が下がる時に寝るのが良いそうですので、シャワーをあびて少し経った頃に寝るのが良いでしょう。

ストレッチなどでリラックスすると良く眠れます。

現代は寝る直前までスマホなどを見る事も多いので、脳が疲れてしまう事も多いかと思います。

寝る前はできるだけ見ない時間を作ると良いですね。

スポンサーリンク

寝るのも体力がいる。

普段当たり前に睡眠を取っていますが、寝るのも体力がいりますし、寝ている間も身体は休む事なく動き続けています。

代謝が高い人は寝ている間に疲労を回復し、前の日の疲れを取る事ができます。

最近疲れが取れなくて・・・・。と思っている人は一度代謝について考えて、運動などしてみると良いでしょう。

また、夜中に起きてしまうのも、体力の低下が感じられます。

体力がなくなると眠る事もしんどくなるのです。

スポンサーリンク

自分の健康維持のための睡眠時間を知ろう!

睡眠時間は人それぞれです。3時間ほどの短い睡眠時間でも元気に健康に過ごせる人もいますし、8時間ほど睡眠時間を取らないと身体の調子が悪い人もいます。

自分が健康を維持できる睡眠時間はどのくらいか。を考えてみましょう。

自分に合った睡眠時間を取る事が出来れば、風邪など病気にかかる回数も減ります。

寝ている間に成長ホルモンが出たり、細胞が生まれ変わったりと寝ている間も身体は自分のために活動しているのです。

皮膚の健康もまた睡眠と大きく関わっています。

睡眠が不足すると肌あれやイキイキさが失われます。

自分に合った睡眠時間を見つけてみましょう。

まとめに

頑張る事が好きな人は「休む」という事がなかなかできないかもしれませんが、より健康になるために・筋トレのパフォーマンスを上げるために・自分の美を高めるために、休息を意識して取りましょう。

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°
64万人の患者様の声から誕生した腰痛対策マットレス【ドクタータフィ】

起きた時に腰や肩が痛い・・。
もしかして、使っているマットレスが合っていないのかも?!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BBIHC+39AEYA+4FWY+5YZ77
。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°

新・王様の夢枕 / 王様の夢枕2posted with カエレバ楽天市場Yahooショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました