美しくなるために汗をかこう!汗の出る身体を作ろう!

筋トレ
Ni_photoさんによる写真ACからの写真

日常で汗をキチンと出せていますか?運動をしていても、「汗、出ません・・・」「ナカナカ汗が出ないのですが・・・」と困っている声を聞きます。

汗とは老廃物も出す役目もあり、身体からいらない老廃物を出し、また内面をキレイにする役割があります。冷や汗などストレスのかかる汗ではなく気持ちの良い汗をかける身体を作りたいです。

スポンサーリンク

身体からキチンと汗が出ていますか?

あなたは、1年をかけて「汗」をかいていますか?

仕事で緊張をしたり、ストレスがかかる時にも「汗」はかきますが、こちらの汗は気持ちの良いものではなく、脳が緊張する事で出る汗です。

いわゆる「冷や汗」と呼ばれるものではなく、気持ちの良い・爽快感のある汗をかきたいですね。

夏場の暑い時期であっても、冷房が効いている場所での仕事時間が多い人は汗をかくこと自体、身体が出来なくなっている事もあります。

汗をかかない体質は「自律神経の乱れ」「脂肪の増加」「ストレスの増加」など身体に不調をきたす原因となります。

スポンサーリンク

運動をして爽快な汗をかける身体に近づこう!

ウォーキングやランニング・エアロバイクといった運動を20分以上やっても、ナカナカ汗がかかない・・・・。という人は基本的に「代謝」が落ちているため、汗をかきづらい体質になっている事があります。日常生活を少し振り返ってみるといくつかの原因があります。

①まず、生活の中で充分な水分を摂る生活にする。

汗をかかない人の特徴として、水分を摂っていないという自覚がない人が多いです。

「自分の中ではとっているつもり」「そもそも水分を摂ることが苦手(汁物が好きではない)」

「これくらいで充分ですよね?」

と言われますが、よくよくお話を聞くと水分がとても足りていない状態である人は多いのです。

1日2リットル。というめやすもあります。乾燥時期やその日の運動量・体調により、多めの水分補給をする習慣をまずつけましょう。

②アルコールは水分ではない

時々、水分の話をしていると「アルコールも飲んでるし」など話してくれる人もいます。

アルコールは水分ではありません。キチンとアルコール以外の水分を補給しましょうね!

③軽い筋トレをしよう

身体の中にある大きな筋肉を刺激すると「代謝」が上がり、汗のかきやすい体質になります。

acworksさんによるイラストACからのイラスト

上半身でいうと「大胸筋」や「広背筋」

下半身でいうと「大腿四頭筋」や「ハムストリングス」といった大きな筋肉を鍛えましょう。

スポンサーリンク

汗のかきやすいおすすめの有酸素運動!

ウォーキングマシンを使う時に、ただ歩くだけではナカナカ良い汗がかけない。という事があると思います。

そんな人には「インターバルを用いたウォーキング」をおススメします。

これは、3分を周期として、10セット行うと30分有酸素運動ができます。

最初の1分・2分➡5.0km/hで歩きます。

3分になったら1分間速度を上げ、1分間6.0km/hで歩きます。

4分・5分➡5.0km/hに戻します

6分になったら1分間速度を上げ、1分間6.0km/hで歩きます。

これを10セット繰り返すのです。

速度は4.0km/hから始めて速度アップで5.0km/hでも良いです。

また、速度を遅くして、傾斜をつけるのも良いでしょう。

汗のかき方が変わりますよ!

スポンサーリンク

すぐに汗をかけなくてもくじけない

運動をし始めてナカナカ汗がかけなくても、3か月は続けましょう。

今行い始めた運動は、すぐには変化はありません。運動習慣がない人はそれだけ、脳の神経が眠ってしまっている状態です。

少しずつ、脳を刺激して運動する体質➡運動からの汗をかく刺激になるのです。

じんわり汗がかくようになったら、良し。

じんわり汗から額まで流れるようになりたい!そういう気持ちで目標を持ち、汗をかく体質に戻りましょう。だんだんと汗がかけるようになります。

運動中も水分を多めに摂る意識をしましょう。

まとめに

汗がかかない体質になると身体も重くなります。=運動したくない。という気持ちになるのです。

自律神経の乱れを治して、体質改善には適度な運動が最適です。

運動から生活習慣を変え、新しい自分に近づきましょう。

デオナチュレ 薬用ソフトストーン ダブル(20g)posted with カエレバ楽天市場Yahooショッピング

スポンサーリンク
筋トレ
tantanをフォローする
wakuwaku Training!

コメント

タイトルとURLをコピーしました