プロテインの話~安易に飲まず、自分の適量を飲もう!

筋トレ
FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

筋トレの後、栄養を摂取する時に「プロテイン」を選ぶ事があると思います。プロテイン=たんぱく質。自分に合う取り方を考えましょう!

スポンサーリンク

必要なたんぱく質の量は運動量によってひとりひとり違います!

1日に必要なたんぱく質の量は、どのくらい身体を動かしているかによってひとりひとり違います。

①1日を通してあまり動かない人(運動をしない人)

体重1キロあたり0.8グラムほどで良いので、体重50キロの人=1日40グラムのタンパク質を取る必要があります。

②運動が楽しみで身体を動かしている人

アスリートなみや運動部活の人のように運動量が高いわけではないけれど、運動をするのが楽しみで身体を動かしている人は

体重1キロあたり、0.8くらい~1.5くらいのタンパク質が必要となります。

体重50キロの人だと1日40~75グラムのタンパク質が必要となります。

③それ以上の人

持久力をもっともっと高めたいやパワー系の人は

体重1キロあたり1.2~1.7くらいのタンパク質が必要です。

体重50キロだと1日60~85グラムのタンパク質が必要となります。

自分の運動量はどのくらいですか?

あまり動かない生活をしているけれど、タンパク質が多いとエネルギーの摂りすぎになりますし、とても動いているのに、たんぱく質が足りないと筋肉もつかず、栄養が不足してしまいます。

スポンサーリンク

食品にあるタンパク質を知ろう!

食事からもしっかりとタンパク質が取れます。

鶏のむね肉だと、200グラムくらいとれば楽しく運動するくらいの人だと充分です。

ohsakaさんによる写真ACからの写真

納豆でいえば、2パックほど取れば、あまり運動しない人であれば、半分くらいのタンパク質がとれてしまいます。

そんなに運動量がない人がわざわざプロテインを飲むと栄養過多という事もありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

プロテインと肝臓の関係

プロテインはアルコールと同じく肝臓で処理されます。

エネルギーを過剰に摂取してしまうと処理が追い付かず、栄養をとりすぎてしまいます。

トレーニングを始めたばかりの人が「プロテインを取り始めたのですが、減量どころか、なんだか太ってしまった気がして・・・」と悩まれる人がいます。

そういう人は運動量とタンパク質の量が合っていない為に体重が増えてしまうのです。

今一度、運動量はきちんととっているか?プロテイン飲み過ぎではないか?と考えてみましょう。

さほどの運動量でなければ、食事でとる事が一番です。

スポンサーリンク

まとめに

プロテインは様々な種類のものが市場に出ています。

自分の目標や運動量に合わせて適度に摂るようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました