キレイ!綺麗!歩き方一つで美しく見える!

姿勢
acworksさんによる写真ACからの写真

歩き方はひとりひとり違います。街中でキレイな歩き方だな。という人に出逢いませんか?キレイな歩き方をする人に近づく事をしてみましょう!

スポンサーリンク

どういう歩き方が綺麗に見えるのか?!

姿勢が良い

歩き方が綺麗な人はまず、姿勢が綺麗です。

立ち姿勢・動く姿勢のともに決まっている感じ。自分と何が違うのだろう?と思いませんか?

自分が真っすぐ立った時の事、自分の癖をわかっていますか?

鏡の前で真っすぐ立ってみましょう。

横から自分を見て、頭・肩・腰・腕・お尻・足首が一直線上にありますか?

猫背の場合には頭が肩より前に出ています。

お尻が出ている時には腹筋が弱く、お尻の筋肉も緩んでいます。

まず、鏡を毎日見ましょう。外出先でも少し自分が写る鏡があれば、確認をしてもいいですね。

これはどういう事かというと、「意識を高める」という事です。

何回も何回も周りの人が気になるくらいいつも確認する必要はありませんが、常に自分の姿勢を気にする。という意識が姿勢の維持につながるのです。

PRiCO(ぷりこ)さんによるイラストACからのイラスト

姿勢を維持するにも全身の筋肉が必要になります。

特に腹筋・背筋・太ももの筋肉は鍛えるようにしてみましょう。

歩幅が広い

歩幅について考えた事はありますか?

身長により、歩幅に差はありますが、自分の身体にとって、今の歩幅はどうなのだろうか?と考えてみてください。

歩幅が小さいとチョコチョコ歩く事になるので、アヒル歩きのようになってしまいます。チョコチョコ歩きをしていると、着地がつま先になる事が多く、かかとでしっかりと着地しづらくなります。

着地はつま先ばかりにならないように意識しましょう。

歩幅を広くするには、股関節が柔らかい事が大切です。

股関節のストレッチを取り入れましょう。

歩くスピードに気を付けよう!

歩くスピードもキレイに見えるポイントになります。

ゆっくりだらだら歩いているだけでは、綺麗には到底見えませんね。

ある程度、スピード感がある歩き方の方が綺麗に見えます。

そのためには、スピードを出しても肩から上がグラグラしないようにする必要があります。

頭がグラグラしないためには、全身に筋力が必要で支えてあげる事が一番の近道です。

肩甲骨を寄せる事を意識して、全身の筋力をつけるトレーニングをしてみましょう。

スポンサーリンク

見られている意識!顔つきにも気を付けよう!

歩き方だけ気を付けるだけでキレイに見えるのか?!と言われると、全身は顔の表情もとても大切になります。

表情筋を上げる事・笑顔でいる事は一番心がけたい事です。

無表情でキレイな歩き方をしていても、雰囲気は出ませんね。

常に誰に見られてもキレイに見せたい!という気持ちを持ちながら歩く事は自分の姿勢を良くします。

スポンサーリンク

まとめに

自分の歩き方、今のままで良し!ですか?もう少し変えてみようかなと思いましたか?

最後に、歩き方はその日の気分でも変わります。心が悲しい時・疲れている時には背中が丸まってしまったり・・・。

逆にいつもより失敗してしまって日・どんよりした1日の後は背筋を伸ばしシャキシャキ歩いてみましょう!きっと気持ちも元気になりますよ。

美しい歩き方・姿勢・しぐさレッスン /成美堂出版/駒崎優posted with カエレバ楽天市場Yahooショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました