免疫力を高めるために何をする?ウィルスに勝とう!!

ウィルス
mahalopukaさんによる写真ACからの写真

健康でいるとはどういう事だろう?身体の健康・心の健康を維持するとは?適度な運動で心も身体も豊かでいたいと誰しもが思いますね。ストレスが溜まってちょっと身体の免疫力が低下した時には自分から身体を動かして免疫力を高めましょう!

スポンサーリンク

適度な運動をしよう!!

いつもより忙しくて、普段通りのルーティーンがとれない。運動する時間もないような気がする。

という時ありませんか?そんな時は身体を動かす事がおっくうになり➡筋力が減り、動くのが面倒になる➡疲れやすくなる➡免疫力が低下し、風邪やウィルス疾病にかかりやすくなる。

悪循環に陥ってしまいます。

「最近、忙しくて身体を動かしたくない気分だな」と思った時こそ、自分を少し奮い立たせて身体を動かしましょう!

ストレッチだけでもしてみよう!!

身体をあまり動かさなくなると血液循環が悪くなってしまいます。忙しいのであれば、ストレッチだけでもしてみましょう。

ポイントは身体が温まってからやると良いので、お風呂あがりなどがおススメです。

リラックスする事が大切です。忙しいと、ついつい呼吸も浅くなり、しっかりとした酸素を身体に入れる事が出来なくなります。

そういう時こそ深呼吸。深く息を吸い、ゆったりとした気持ちでストレッチをしましょう。

柔らかい人みたいに、がむしゃらに頑張る必要はありません。自分が気持ちが良いなぁ。とほんわかするような気持ちになる事が大切です。

kanana129さんによるイラストACからのイラスト 

身体の側面(体側)を伸ばしてみたり、足の裏側を伸ばしてみましょう。

ゆっくりと音楽を聴きながら行うととてもリラックスしますよ。

伸びている部分を意識してみましょう。

「伸びているな~~」と感じましょう。

太ももの前を伸ばす時には膝が上がらない所で止めましょう。

kanana129さんによるイラストACからのイラスト
kanana129さんによるイラストACからのイラスト

太ももの裏側を伸ばす時には無理に足をのばさなくても良いです。少し膝を曲げた状態で行うと

裏側とお尻部分が伸びます。

気持ちをあげるために笑おう!!

忙しくて身体が動かせなくなると、ストレス因子が増えます。ストレスが溜まると交感神経が高まり、リラックスせず、常に脳が活動してポッポと熱くなってしまいます。昔から「頭に血がのぼる」などと表現されてきた事には意味があるのです。

笑いは副交感神経の働きをうながし、ストレス因子を下げてくれます。

笑うと「ナチュラルキラー細胞」の働きが良くなります。

ナチュラルキラー細胞は身体に入ってきた細菌などを見つけて攻撃してくれる大切な細胞です。

ナチュラルキラー細胞が低下しないためにも、笑う事やリラックスする事はとても大切なのです。

スポンサーリンク

まとめに

普段と違う事が起こり、忙しい毎日、いつものように運動ができない。といった時には普段のようには身体は動かす事はできないかもしれませんが、少しでも、身体をほぐす時間を取りましょう。

また動かせる時間が取れるようになった時にはいつも通り運動ができるようになります。

身体を動かすだけではなく、常に心を前向きに楽しい事を考える事なども必要になります。

できるだけストレスをためないような心持ちを大切にしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました