身体を動かすと心も豊かに!心の筋トレをしましょう!

休養
紺色らいおんさんによる写真ACからの写真

メンタルを強くするためには、心の筋トレが必要ですが、身体を動かす事でも、心の筋トレの一部になります。身体を動かしながら心も鍛えて明るい毎日を過ごしませんか?

スポンサーリンク

運動すると心が前向きになる!

心が沈んでいる時には、身体が重く感じます。何もやる気が起こらず、身体を動かす事もめんどくさい・・・。背中も丸まり、筋肉なんてどこにもないような気持ちがします。

運動をすると、血液循環が良くなり、身体が温まり、成長ホルモンが出て、気持ちがイキイキとしてきます。運動するから心が明るくなる。心が沈んでいるのであれば、何も考えず坦々と身体を動かしているといつの間にか心がすっきりした。という事もあるのです。

身体のトレーニングと同じで「心の筋トレ」にも必要な事があります。

汗をかく運動をしよう!

運動をすると気持ちの良い汗をかくのが理想ですが、時々「汗、かかないので」「汗かきづらいのです」「汗ってどうやったらかけるのですか?」など聞かれる事があります。

運動の強度にもよるのですが、汗がかかない身体というのは代謝が落ちている状態で、汗が出る身体ではなくなっているという事です。

汗がかかないから運動も楽しくない・・・。と気持ちが萎えてしまうとナカナカ運動で気分が高まるという事もないので、まずは、汗をかくためには?と考える事になります。

汗がかきづらい体質であれば、汗をかく体質に戻るには1日では難しい。と割り切り、数か月後には必ず汗をかく身体になるんだ!という事を目標にするのが良いです。

汗をかく運動というのは、ウォーキング・ランニングなどといった有酸素運動や、友人などとバドミントン・バレーボール・テニスなどの競技をやるのも良いでしょう。

運動が苦手な人は「ヨガ」や「気功」など軽めの運動をしてから運動という世界に入っていくのも良いですね。

水分をきちんと摂る

汗をかきづらい人の特徴として「水分をあまり摂らない」というのがあります。

飲まないために、外に出ない・・・。そのような人は尿も濃く、1日のトイレに行く回数もとても少ないのです。尿も身体の老廃物ですから、尿が少ないという事は、身体の老廃物が外に出る機会を無くしているという事にもなります。

汗や尿など身体から老廃物を出す作用は身体にとってとても大切になります。

是非、水分を多く摂ることに気をつけましょう。

スポンサーリンク

日常生活で気を付けたい事~心のもちよう編~

感謝の気持ちを持つ

毎日の生活で感謝をする気持ちを持つ習慣をつけると幸福度が増し、免疫力が高まります。

人への感謝、物への感謝、自分に起きたことへの感謝など毎日を過ごしていると驚くような出来事にも遭遇しますが、1日の中で1回は感謝をし、それを毎日毎日続けましょう。

休養を持つ

心が疲れる人は頑張り屋さんだと言います。常に何かを考え、自分に問いかけ、最高の答えを見つけたい!と一生懸命に考えているのだと思います。そういう思考は常に脳を動かし、脳が休まる事がありません。

とても疲れた日に夢でうなされた経験はありませんか?日中起きた出来事を自分なりに消化が出来ずに眠りについてしまったのかもしれませんね。

ストレスを抱えたまま次の日を迎えると、脳の疲労が蓄積してしまうので、夜寝る前には楽しかった事を考えて寝るのが必要です。

・睡眠についての記事はこちら➡

過去を振り返らない

人は1日の中で楽しい事もツライ事も同じくらいあるはずであるのに、負の感情がより頭の中に残ってしまいます。

ついつい、残念だった事や自分が失敗してしまった事を覚えていて考えがちですが、過去を振り返らず次どうすれば良いのか考えて忘れるのが良いでしょう

心をリセットする

走るのが好きな人が走っている時に無心になる事があります。運動する事で「無」になれる瞬間があれば、それは心のリセットにはとても良い作用があります。

心を無にする・邪念を消す・頭を真っ白にする・何も考えないというような事。

だから人は「ヨガ」で瞑想をし、マラソンなどで自分に挑戦をし、身体を動かす事で無心になる瞬間を作っているのかもしれませんね。

「無心になる」という事についていうと、ゲームをする・お経を唱える・歌を歌う。全てに言う事ができるのです。全ての人が自分にとって無心になる=リセットする時間を日常生活で作っているからこそ、次の日を元気に迎えられているのです。

笑おう!

「笑い」は尊い!気持ちが沈むと本当に不思議ですが笑う事が出来なくなります。自分が笑えない。と思ったら本当に心が疲れていると思い、笑えるための工夫をする必要があります。

トレーニングの観点から言うと、「笑い」=表情筋を使い、脳の意識改革をするのです。

笑うから明るくなる。暗い気持ちになったら笑えばいい。

笑顔を作れば脳が楽しいと錯覚をして気分が変わります。始めは錯覚でもいいのです。脳を錯覚させてでも前向きに生きる事が、全ての人を明るくする唯一の方法なのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめに

身体を動かす事で心が鍛えられる。これは、毎日少しずつでも続ける事で鍛えられます。

ついついクヨクヨしてしまう人はほんの数分からでも良いので気持ちを前向きにする行動をしてみましょう。

うまくいかない人は、まず身体を動かしてみましょう!何かが変わりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました