便秘とさよならしたい!!目指せ快便(^_-)-☆!

便秘
FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

便秘は本当に「ツライ!」重い・苦しい・痛いの3苦・・・。薬に頼る前に、身体を動かす事等で改善できるに越したことはないはずです。トレーニングをして便秘が解消したよ!と言いたくなるように生活改善しませんか?

スポンサーリンク

腸周りが緩んでいるのを変えてみよう!

腸のもともとの形状が原因での便秘の方は医療機関で相談するのが一番かと思いますが、腸周りの筋肉が緩み、腸の動きが鈍っているために便秘が起こってしまっている人は、お腹周りの筋肉を付ける事で便秘が解消されることがあります。

まずは腹筋!

トイレでいきんで便を排出するために、お腹に力をいれます。その腹筋がないといきむことができないため、便が排出しづらくなりますね。

そのために、腹筋・下腹部の腹筋を刺激してお腹に力を入れやすくします。

モノクロスさんによるイラストACからのイラスト

腹筋で起き上がる事が出来る人は息を吐きながら上体を起こします。目線はおへそに集中して、お腹を意識しましょう!

パンプアップごりらさんによるイラストACからのイラスト

レッグレイズ・・・仰向けになり足を揃えます。そのまま足を上に上げ下げします。膝はできるだけ伸ばしたまま行いましょう。

腰が痛む方は、お尻の下に左右の手を入れると良いでしょう。

ウォーキングなどを取り入れる。

全身を動かす事も腸の活性化には良いでしょう。運動不足は腸の活動を低下させてしまいます。

短時間のウォーキングなどや通勤を自転車にする。など日常生活で工夫をし、できるだけ身体を動かす生活を意識してみましょう。

スポンサーリンク

ストレスと食事の関係

継続的なストレスをためないために

ストレスや食生活が乱れると「便秘」が起こります。

身体は正直なので、ストレスが溜まると、自分では意識をしなかったとしても、自律神経が乱れ、自分の意志とは関係なく、腸の動きが過敏になり、便秘を引き起こします。ストレスは継続的に続くと腸内の環境としては良くないため、いかにストレスを解消する方法をみつけるか。という事が重要なポイントになりますね。

身体を動かす事でストレスが解消されるという人は、身体を動かす事で心も健康になり、身体も鍛える事ができます。一石二鳥の効果!!

音楽を聴いたり、ゲームをしたり、本を読んだり。ストレスが緩和されるのであれば、積極的に楽しい事を見つけましょう!

人と話す事・寝る事・歌を歌う事・美味しいものを食べる事。

自分はどんな事でストレスが解消されるか考えてみましょうね。

食物繊維やビタミンBを積極的に摂ろう!

食物繊維を含む食品・・・玄米・麦・納豆・おから・さつまいも・こんにゃく・ごぼう・セロリ・バナナ・柑橘類・きのこ類・わかめ・寒天など、繊維の多い食べ物を食事の中に取り入れましょう。食べるのが・・・。という人は食物繊維入りの飲み物等を取り入れると良いですね。

ビタミン群…ビタミンBの中で積極的に摂り入れたいものはアボガド・うなぎ・さつまいも・アーモンド(ナッツ類)・ほうれん草・かつお・レバー等。

スポンサーリンク

重要な水分

一番大切なものとして、便秘との関係で足りないと困るが「水分」です。特に季節的に乾燥する時期は普段と同じくらい水分を摂っていても、便が硬くなる事が多いですので、意識をして水分を摂る必要があります。

水分を普段あまりとらない。という人は特に積極的に水分を摂る必要があります。

ごくごく一気に飲んでしまうと尿からすぐに排出してしまうので、1日の中でちょこちょこと摂るようにしましょう。スープなどにしたり、牛乳や飲むヨーグルトを組み込む。など工夫をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめに

自分の便秘の原因が何なのか?時間があったら考えてみましょう。腸の形状なのか?食生活なのか、ストレスなのか、水分不足なのか。色々な原因が重複している場合もありますよね。自分の便秘の原因が少し分析できたのであれば、原因をよりなくすための行動をしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました