O脚を少しでも治したい!!

O脚
acworksさんによる写真ACからの写真

自分の足にコンプレックスを持っていませんか?膝と膝に隙間があいてしまうO脚。どうせ治らないし・・・とあきらめてはいませんか?骨盤へのアプローチや筋トレで少しでもキレイな足を手に入れませんか?

スポンサーリンク

O脚の特徴を知ろう!

O脚といっても、いくつか特徴があります。

かかとを付けて立った際に膝・ふくらはぎ・太ももに隙間があるか。がまずわかりやすいO脚の特徴です。

膝が外を向いてしまっている場合にもO脚であると言えます。

座った際に、だんだんと膝が開いてきてしまうのも、O脚だからこその特徴ですね。

原因としては、内転やお尻の筋力低下や、骨盤のゆがみがあります。筋肉の硬直もある際には筋肉を緩める事も大切になってきます。

筋肉を緩める事でのアプローチ

股関節が硬い事で、O脚がひどくなる事も考えられます。お尻周り・股関節・骨盤のストレッチを取り入れて筋肉をほぐしましょう。

定番の股関節のストレッチ・・・無理に伸ばそうとせず、人と比べず、自分が痛くて気持ちがいい状態を維持する。理想は背中も真っすぐに。痛すぎるのであれば、背中を丸めてしまっても可。

びーちゃんさんによるイラストACからのイラスト

びーちゃんさんによるイラストACからのイラスト 

簡単で気持ちの良い腰~体側のストレッチ・・・これはとても簡単でお尻も意識すると良いでしょう。

お尻と鼠径部のストレッチ・・・とても気持ちの良いポーズです。もっと伸びを感じたいのであれば、上体を前に倒してみましょう(背筋はまっすぐに)

びーちゃんさんによるイラストACからのイラスト 

骨盤を意識しましょう!

O脚の場合、骨盤が後傾気味になっている事が多いのです。姿勢でいうと同時に猫背で悩んでいる人が多いと思います。骨盤を真っすぐに立てる意識をしてみましょう!

そのためにはお腹の力で身体を支える事も必要=腹筋をしても良いでしょう。

スポンサーリンク

筋力を補って、O脚の度合いを軽くしよう!

O脚と付き合うために、内ももの筋肉とお尻周りの筋肉を付ける事はとても大切になります。

チョココスさんによるイラストACからのイラスト

仰向けに横になり、膝を立てます。膝の間にタオル又は柔らかいボールなどを挟み、お尻を上げます。身体が一直線になるようにお尻を上げましょう。

呼吸は上げる時に吐き、降ろすときに吸います。降ろして来たら床にべたっとお尻は付かない状態=少しお尻が浮いている状態で、次の動作に行きます。

ともともさんによるイラストACからのイラスト

ボールつぶし・・・ソフトボールほどの柔らかさのボールを膝のあいだに挟み、姿勢を良くし、ボールをつぶしましょう。吐きながらつぶし、吸いながら戻します。

15秒~秒数を伸ばしていきます。2,3セット行いましょう。

MIXおじやさんによるイラストACからのイラスト 

よく皆さんがリラックスしている時に取る上図のような姿勢をとり、伸ばしている後ろの足を上下に上げ下げします。図でいえば、左足の内ももが鍛えられます。

スポンサーリンク

まとめに

O脚も、自分が少しだけ努力すると若干の緩和は見られますし、良いお付き合いが出来ます。

O脚だからもうだめだ~~~。と思わずに、少しでも自分に合うものを取り入れていきましょう。

O脚などはいずれ膝関節の負担につながります。継続&維持をしていく習慣が大切なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました