頭皮をほぐしてリラックス!!ストレスとさようなら!

ウィルス
acworksさんによる写真ACからの写真

毎日沢山の情報が入ってきて、普段より考える時間が多いと頭が疲れてしまいます。頭痛など身体症状が現れると運動どころではなくなりますよね。運動するためにも、頭をスッキリさせて疲れをとりましょう!

スポンサーリンク

ストレスを感じる時

人は色々な事でストレスを感じます。寒い・暑い・人間関係など。今現在だとコロナウィルスもストレスの原因となります。脳がストレスを感じると、循環・呼吸・代謝や消化などに影響が出てきます。

その結果、身体の不調をきたし、身体や気持ちや行動に良くない作用をします。

色々なストレスが原因があると「考える」時間も増えます。脳もぼ~~っとしたいはずの時間に常に考えてしまうと、睡眠に障害が出る事もありますし、常に頭を使っているので、頭皮もガチガチに緊張している状態になります。

手でこめかみを指圧する姿は昔から人々が行う対処法ですが、マッサージは疲れをほぐす大切な手法です。

道具を使うのも良いですね。ヘッドマッサージなど使ってリラックスする時間を作っても良いですね。

スポンサーリンク

眼精疲労はないですか?

頭が疲れている時や頭痛がする時には必ずといっていいほど「眼精疲労」がありませんか?

目の周りの筋肉が固まっていたり、側頭筋や前頭筋がカチコチになっている事もありますね。

目の周りの筋肉が固まると、仮性近視➡近視にもなり、視野が狭くなりますので、眼筋を動かす体操をすると良いです。

①できるだけ左を見ます。限界!と思ってからもう少し左を見るように目をキープしましょう

②次にできるだけ右を見ます。こちらも行ける場所よりもう少し右を見るイメージで右を見ます。

③上を見ます。顔も一緒に上げるのではなく、目だけ動かします。

④下を見ます。こちらもあごを一緒に下げず、目だけ動かします。

⑤目を一回転させましょう。早く回す事に意識するのではなく、ゆっくりだけれど、視野を広げるような動きをしましょう。

スポンサーリンク

肩こりはないですか?

頭部分が緊張していると同じく肩回りもガチガチと固まってきます。

図にあるように、頭とつながっている筋肉も緊張し、必然と肩回りも硬くなってくるのです。

 PRiCO(ぷりこ)さん

血行を良くするために、マッサージなども良いですし、肩甲骨を動かす運動をするのも良いですね。

自宅で出来るものといえば、

普通に立ち、平泳ぎの手の動きをする。だけでも肩甲骨は動きます。

これはとても簡単(^_-)-☆

もう少し強度を上げたい人は

うつ伏せに寝転んで手を伸ばします。

右手と左足を非対称に上げます。

次は左手と右足を非対称に上げます。

あごは引いてくださいね。

背中の筋肉にアプローチ出来ますよ。

楽をしたい時にはマッサージ器に頼る(^_-)-☆

スポンサーリンク

まとめに

頭皮一つ考えても、頭のコリは頭だけでなく全身につながっています。少しでもリラックスできる事をして、疲れを取りたいものですね。自分に合う方法を見つけてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました