暑くなってきた!!ダイエット!ダイエット!

ダイエット
Hadesさんによる写真ACからの写真

5月になろうかというのに、この暑さ・・・。薄着通り越して半袖の出番がくるかも?!今のうちにダイエット意識しておかなければ、カッコイイ夏は過ごせない!!

スポンサーリンク

筋トレのスイッチをオンにしよう!

薄着の気配を感じる季節になったら、筋トレのスイッチをオンにして少し、頑張る自分になりましょう。

筋トレの効果は2~3か月かかるので、今からやれば、暑い7月あたりにはなんとか間に合います。

今は、ジムに通うわけにはいきませんので、自宅でのトレーニングを行いましょう。

スポンサーリンク

基本は「胸」「背中」「足」

身体の大きい筋肉にまずアプローチをしなければ、筋トレ筋トレといっても、代謝が上がりません。

胸を鍛える方法で簡単に出来るものは

①プッシュアップ

PRiCO(ぷりこ)さん

身体が一直線になるようにしておこないます。お尻が上がらないようにお腹を踏ん張って行いましょう。女性はこの姿勢のプッシュアップがとてもキツイと感じます。

もう少し強度を下げるのであれば、ニープッシュアップという膝をついた腕立てがおススメです。

 PRiCO(ぷりこ)さん

手の位置は顔の横ではなく、脇の横です。

ニープッシュアップでもかなり効きますので、10回~15回から始めて習慣にしてみましょう。

毎日やらなくても大丈夫です。1日おき、もしくは週に2~3日はやってみましょう。

②デッドリフト

PRiCO(ぷりこ)さん

バーベルを持たなくても、自重で「デッドリフト」をしてみましょう。

肩幅に足を開きます。

上体を折り曲げる感じで図のように股関節から上体を曲げます。

膝の下あたりに腕が来るようにして、背中が丸まらないように意識しましょう。

吐きながら上体を上げていきます。

身体が真っすぐになる時に腰辺りを意識します。

吸いながら上体を曲げます。

③スクワット

PRiCO(ぷりこ)さん

どこでも簡単に出来る太もも=大腿四頭筋の筋トレです。

肩幅に足を広げます。腰が反ったり、背中が丸まったりしないように(骨盤が前傾すぎない・骨盤が後傾すぎない)して、膝を曲げていきます。手は伸ばしても、胸の前でクロスしても構いません。

膝がつま先よりも前に出ないように気を付けましょう。

回数が多く出来ればできるほど良いです。

スポンサーリンク

暑い時には水分補給を忘れずに!!

急激に暑くなると、水分を多く摂る事を忘れてしまう事があります。

いつもよりも回数を頻繁にし、水分を多く摂る事に気を配りましょう。

スポンサーリンク

まとめに

暑い!暑い!と思い始めたらまず筋トレスイッチを入れましょう!!回数は10回からでも良いです。1日1日少しずつ始めてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました